イクメンのアピールも押し付けも両方うざい。

育児

イクメンという言葉には違和感があります。

娘が世界で最強クラスに可愛いと思っている親バカの黒猫です。

だって、真実だから仕方ないですか。実際に、うちの娘は可愛く、すれ違う人が思わず振り向くレベルの顔つきをしています。鈴木福くんも在籍しているテアトルアカデミーにも応募しようと思ったことがあったのですが、レッスン料がバカにならず、「目白まで連れて行くのは、誰なんだ、お前だろ?」というお話になってやめました。

さて、イクメンのお話をしたいと思います。

私も周囲からは「イクメンだねー」と言われるのですが、「そうですか^^?」と笑って返します。

イクメンという言葉にはかなり抵抗があります。

スポンサーリンク

イクメンアピールくそうざい。

ブロガーにもいるじゃないですか。子供出している人。

Youtubeとかニコ生で生放送をしている人の中にも子供を出している人がいます。

その中でも、キッツイなーと思ったのは、カメラを子供にして、声だけ出しているパパさんもいるわけですよ。

お前は一体何をしたいんだ?

ブログもYoutubeもイクメンをアピールして、子供の顔を掲載するなんて、メリットは一つしかありません。その子供でアクセス数を稼いで、アドセンスやアフィリエイトで換金化することです。SNSなんてもっとたちが悪い。イクメンアピールで偉そうに発言するためだけのダシに使われています。

で、アピールに子供使うの?
子供は、顔を出さない選択肢はないの?

そして、子供に顔を出させといて、
自分は出さないってやつは一体何がしたいの?

こう思うわけです。

そして、きわめつけは、

イクメンなんたら協会のNPOとか子供の顔を晒して偉そうにしているけれど、子供から許可とったのかよ。そして、イクメンであることが社会の勝ち組だと誇っているみたいな態度がムカつく。

そう言っているやつの家庭って、大抵壊れているし、冷や飯を食わされるのは、今、お前が抱っこしている子供だ。

こう思うわけです。

子供の顔を出して、自分の顔を出さない人間は最低です。確かに、どうせ子供の顔は変わります。じゃあ、何してもいいとかいうことにはなりません。

また、会社に動画をやっていることがバレると困るという話をだす人もいますが、アドセンスやアフィリエイトの報酬を得た場合は、確定申告の対象になりますので、出そうが出しまいがどっちにしろバレるんですよ。

バレるものを顔を隠してアピールを実施するということは、もはや子供が可愛くないのかなと思ってしまうわけです。

イクメンの押し付けも相当うざい。

今の時代は、イクメン時代だから、お父さんが子供を見なくちゃね。

いやー、みなさんもこんなこと言われてませんか?

当然、私の子なので、分担しなくちゃならないと思ってますよ。
仕事の納期が迫っているときは、嫁に負担をかけているので申し訳ないと思ってますが、これもまあ、仕方のないことです。

いやー、結局子供みてるの私と嫁だけなんですよね。

昔の子育てに比べると明らかに負担は大きくなったと思います。共働きしても、当たり前の生活を送ることがやっとの世界で、仕事以外の負担を外部が強いるのはちょっとどころか、かなり使うかなと思っています。

もちろんですが、昔の家庭は、三世帯家族が普通でした。正直、色々あると思いますし、よく母からも祖父や祖母の愚痴が出ていましたが、共働きしても問題のない子育て環境がある程度出来上がっていたと思います。

じゃあ、なんで、三世帯家族にしなかったのよ、、、

絶対こういう話になると思うので、言及しますが、私の場合は、地元が最低賃金の最下位争いをする県の出身です。当初、嫁へのストレスも考えて、問題のない距離くらいにアパートを借りる予定でしたが、問題になったのは、やっぱり嫁の仕事でした。給与が安すぎる。

私も自営でやっているため、将来の市場を考えたらかなり不安がありました。今ある仕事は、あくまで現状そのスキルを保有している人が県内にいないからという理由で頼まれているにすぎないからです。

それを考えた時に、嫁の実家の近くが妥当と考えました。そして、三世帯家族になることは断られましたので、離れた今のところに住んでいる形になります。今考えればこちらからお断りだったのですが、、

それで、育児のことを言われれば、たとえ身内でも外野でしかありません。

 

そして、話を戻します。

夫婦の子育ての負担は大きくなる一方で、共働きして当たり前の生活を送っているのであれば、片方だけが働いている環境では生活は当然厳しくなります。

子育て期間だから、いろんなものが安くなるかと言われると、そんなことはありません。当然のように請求が届きます。

それを支払い続けるには、働くしかありません。しかも、少しでも多くの給与を稼がないといけません。

そこに、こんなことを言われてしまったらどう思いますか?

周囲がイクメンなんだからイクメンしてよ!

仕事によれば可能だと思います。

例えば、そこそこの給与が出て、シフトが決まっているタイプの仕事です。残業がないため、時間のコントロールがききます。

でも、これって本当に一部の仕事ですよね。
政府は、ホワイトカラーに対する残業代ゼロ法案を可決しておきながら、男性の子育て参画を強要しようとしています。IT系や営業企画系は、残業なんて当たり前です。時間のコントロールが難しい上に、ストレスも溜まりやすい。周囲が忙しいのに、自分だけ、「育児なので帰りまーす」なんて言えるかよ!と言いたいところです。

特に、私のような自営業の場合は、個人の仕事量がそのまま売り上げになります。私が育児をすればするほど売り上げは減ります。そして、やらなければやらないほど、信用も減るわけです。

あんまり言いたくはないのですが、子供の出生率を上げたければ、保育園を増やすことが直接的な解決方法ではないんですよね。生活できる分だけの給与水準を作ること、そして、子供をたくさん生んでいる地方の収入を増やすことなんですが、なぜかそっちの方向には行かず、ブレーキまで踏まれている感覚があります。家で安心して子育てができる環境を作るのには、それしかないと思います。

イクメンって、結局普通の人なんだぜ。

イクメン、イクメンもてはやされていますが、結局家事や育児を分担するなんて普通のことです。

強要されるものでもアピールするものでもありません。

自分が目立ちたい、ヒーローになりたいから、子供を抱っこしているところをSNSに無尽蔵にアップしたり、ましてや子供の顔で稼ごうと思うことにも違和感しかありません。

当たり前のことを振りかざす必要なんてないんですよ。

ちなみに、イクメンコンサルタント育成塾たるものがフェイスブックの広告で見かけましたが、こういうところに応募する人間がいるんでしょうかね?

コンサルするところってあります?こういう商売を考える人間もゴミですが、受ける方もゴミだと思っています。

子供との時間を大切にしたいのであれば、前もって余暇も楽しめる仕事を選ぶのもいいかも。

子育てがどうのこうのいうつもりはありませんが、我が子が可愛いと思う反面、かなり時間も取られます。いざ、生まれた!となると、激務の職場のままでしたら、確実にいろんなしわ寄せが奥さん側にいってしまいます。

それを考えた時には、事前の転職はありかもしれません。

フリーランスはおすすめしない。

子供との余暇を楽しむため、自営になろうとする人も珍しくないのですが、フリーランスは、前述もさらっとしているのですが、仕事をすることで売り上げを作るのが仕事のようなもので、思ったよりも余暇はありません。

また、なんの保証もなかったり、ローンを組む際に金利の部分に不利になるなど、よほど収入が上がることを見越さないとおすすめできない道です。

 

 

 

 



育児
幸せの黒い猫をフォローする
育児とSNS雑感

コメント