男3人兄弟の長男が1人の娘のパパになる

育児とSNS雑感

育児

抱っこ紐の高さにびっくり!抱っこ紐選びに役立ったアカチャンホンポの店員の助言

更新日:

昨日で妊娠8ヶ月。

チャイルドシートと同時に抱っこ紐の購入も行いました。

 育児とSNS雑感 
育児とSNS雑感
https://web-doctor.click/2017/09/06/takata04-isofix/
男3人兄弟の長男が1人の娘のパパになる

全く抱っこ紐の価格を調べていなかったので、店舗に行ってびっくりしました。

 

抱っこ紐、高くない?

価格帯でいえば、18,000〜25,000円くらいです。え?これ抱っこをするだけの紐だよね?と思ったのが正直なところです。

そういえば、私が子供の頃、弟を紐で抱っこした覚えがありません。

「だっこってなんだよ!そもそもおんぶだったよな。」

そう思ったわけです。

おんぶ紐と抱っこ紐の違い

調べてみると、抱っこ紐は(タイプによってですが)生後から使えるのに対して、おんぶ紐は、首が完全に座る3〜4ヶ月後から使えるものらしいです。

おんぶの場合は、赤ちゃんの顔が見えません。また、車に乗る際、椅子に座る際に取り外しが必要になることを考えると、抱っこ紐の方が使いやすいのかもしれません。

特に、都市部の場合は、移動が徒歩と電車移動がメインですし、目が届かないおんぶでは危険性がありますので、田舎育ちの私には馴染みがなかっただけかもしれません。

抱っこ紐って何を選べばいいのかわからない。

嫁も私もおんぶで育った人間です。

そして、当然ですが、子供がいません。

店舗に行ってみると、アップリカとエルゴをはじめとするメーカーの抱っこ紐が多数展示されています。形状、価格ともに違うため、どれがいいのか全然わかりません。

「安くてもいいじゃん!」と一瞬思ったのですが、抱っこ紐の転落事故が毎年あるらしく、そうも言ってられません。抱っこ紐は新生児〜2歳まで利用するものですので、それなりに上部で安全で、赤ちゃんに負担がかからないものを選択する必要があります。

そこで、アカチャンホンポの店員さんに聞きました。

選択に役立ったポイント

生後1ヶ月以内の移動があれば、横抱き対応のものがいい。

生後1ヶ月以内の移動が発生する場合は、より安定している横抱きに対応している抱っこ紐がいいとのことでした。横抱きに対応している抱っこ紐にはアップリカの製品がありました。

ただし、基本的に生後1ヶ月までの移動は滅多にないと考えられたので、生後1ヶ月以降に使う抱っこ紐を検討することにしました。

エルゴのインサート付の抱っこ紐も新生児に対応している。

エルゴは、抱っこ紐の人気メーカーです。周囲を見渡しても、電車に乗っていてもエルゴの抱っこ紐をつけているお父さん、お母さんが多いですね。

このエルゴの抱っこ紐で新生児を抱っこする場合、新生児を保護する専用のインサートを付ける必要性があります。

アカチャンホンポでもエルゴの製品は豊富で、おそらく一番品揃えが多かったのが、エルゴの製品でした。

そして、値段の違いは、このインサートが最初から付いているのか、別売りなのかで違っていたようでした。

Youtubeを検索すると、エルゴの製品には、使い方動画が用意されているようです。

それで、どの抱っこ紐を選んだの?

アップリカかエルゴと見せかけて、抱っこ紐を試着し、結果的に選んだ製品は、BABYBJORNのベビーキャリアONE+でした。

セール中で、安かったから。

安全性のためとか言ってたでしょ!

と突っ込まれそうですが、ちょうどダークブルーのみセール中でした。おそらく人気がなかったんでしょうね。

その辺は、嫁も私も気にしません。

抱っこ紐の中ではシンプルな設計だったから。

抱っこ紐ですので、当然ですが、抱っこをするとき、抱っこから下ろすときに、抱っこ紐を外す必要性があります。

この製品は、他の抱っこ紐に比べて、設計がシンプルでしたので、着脱が楽でした。

 

三井アウトレットパークの店舗も探すと良いかも!?

完全に盲点だったのですが、先日三井アウトレットパークに出かけたら、
高いと決めつけていたミキハウスに置いてあった抱っこ紐がアカチャンホンポよりもかなり安い値段で陳列されていました。

近隣にアウトレットがあるのでしたら、チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

 





-育児

Copyright© 育児とSNS雑感 , 2017 All Rights Reserved.