男視点でみる、ブラック旦那で悩んでいる奥さんは、その人にも理由があること

育児

結構、女性ブロガーの人が、ブラック旦那についての記事を書いているので、私も男性視点でこのことについて触れてみようかと思います。

世の中の風潮として、子育てしない、家事しない、愛情もない旦那さんのことを一括してブラック旦那と呼んでしまう傾向にありますが、果たしてこれって問題は旦那さんだけにあるのかということに疑問があります。

世界的にみても、男尊女卑の反動で、現在は、女尊男卑の社会になっている傾向があり、男は言いたいことも言えないこんな世の中だという反町隆史のpoisonの歌詞に出てきそうな感じにはなっていますよね。

スポンサーリンク

婚活で自分からブラック旦那を選んだのではないのか?

私は婚活を一切したことがありませんが、婚活に7桁のお金をぶちこんだ嫁に聞いてみると、仕組みは男性の年収がベースになっているそうです。

そりゃ、そうですよね。生活が不安定だと、子育て中の生活費が心配になります。

それはそれでいいことだと思いますが、今の時代年収がそこそこあり、余暇を楽しむことができて、生活レベルを落とさずに専業主婦をさせてあげられる人なんて、ほとんどいません。

年収が高いということは、それなりの地位にあるか、その人なしでは事業が回らないので、高い給与を与えられているということです。

IT系であれば、その責任は重く、残業が当然のごとくあります。仕事によっては、休日出勤もあるでしょう。

過酷な労働環境の中、家事や子育てに時間を割くこと自体が難しい人を選んだ人も多いのではないでしょうか?

そりゃ、子供が生まれたから仕事のサイクルを急に変えてイクメンになれっていう方が無理がありますよね。

 

激務な仕事をしている人の離婚率が高いのは、婚活時点での見通しにもあると思います。

男は男側で、仕事が失敗した場合や現在のポジションを失った場合に生活を維持することができないことへの恐怖心を抱いているわけです。

よく会社経営者と芸能人が離婚しています。生活にずれが起こったことを原因にあげられていますが、そりゃ高い年収を維持するためには仕事優先にならざる得ません。最初からわかっていたことを理由に挙げられているわけなんですよね。

本当に、夫婦の協業を望んでいるのであれば、年収もそうですが、どのようなポジションでどのような仕事の仕方をしているのか、そして将来期待されるポジションについた時に、どのような仕事をすることになるのか、独立した場合はどのようになるのかも確認するべきだと思います。

よく、テレビドラマで生活を安定させるために、会社員勤めをやめないでほしいというセリフがありますが、大手に勤務している場合はそうでしょうが、基本的に独立しない限り男の年収は上がりません。

生活を安定するために仕事をやめないで、だけれどお金はもっとほしいなんてわがままでしかありません。

協力しようとしたタイミングで意思疎通ができず、手が離せないタイミングでやってほしいと言われる。

基本的に何もしようとしない、子供にも興味を持たない旦那は知りませんが、子供に愛情があり、生理中にボロクソに言われようが一緒にやっていくと決めた相手にだけ苦労を押し付けようと考えている旦那はいないと思っています。

いるか、いるかもね、、、

んーーー。

少なくとも私は、子育ては協力しあうものだと思っていますよ。

なぜなら、それが当然のものだと思っているからです。

私個人的には、今の生活は親世代より過酷になっていると思っているので、親世代の子育ての協力が必要だと思っていたわけです。しかし、他の記事でも書いている通り、安心して頼めないので、かなり苦しいですが、できる限りの協業を行っています。

 

ちなみに、私はイクメンには批判的です。

 

それで2人して共同スペースを使い、別々のタイミングで家事をしているわけですから、いろいろと違う意見が出てきます。

そして、これはこうじゃない、あーじゃないの意見が出てきます。

嫁の方が基本的に喧嘩は強いです。負けてしまいます。

そして、その部分はやらないでいると、手が離せないタイミングでやってきて、これをやってほしいと言われます。

 

この手のやりとりは日常茶飯事で起こっていて、これも男性脳、女性脳の違いなのかと思って自分を納得させているところがあります。

私の場合は、自分がやれることをやるべきタイミングでやり出します。ただ、子供には子供の都合がありますので、100%これじゃダメだとわかっているので、泣き出している時に、嫁が手が離せない状態だと確認したら、オムツをかえるなり、ミルクをあげるなりを行っています。

どうしても時間に追われている時に、やっぱりやってと言われ始めると、いやいや仕事だし、時間に遅れたら信用なくすからできないよとなってしまうわけです。

やるな、やって。やっぱりやるな。を言われたら、しようと思ってもやれなくなる。

 

 

急に死んだふり。確かに家事はするようになるかもしれないけれど、別の何かも死んでしまうかも。

ブラック旦那に家事をさせる方法として、よく突然死んだふりを行うということを挙げているブロガーがいますが、これって男性脳から言わせると逆効果です。

突然死んだふりをされてしまい、子供が泣いていれば、今何をやっていようが、子供をみなければなりません。それは旦那もわかっています。

これを何度も繰り返されてしまえば、体調大丈夫なのかと心配します。

そして、さらに何度も繰り返されてしまえば、精神状態も心配します。

で、最終的には、このままで大丈夫なのかとも思ってしまいます。

基本的に、どこまで分業するのかを決めればこんな死んだふりなんてしなくても良いわけで、圧倒的なコミュニケーション不足を棚にあげた方法だなと感じています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 [Blu-ray]

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 [Blu-ray]

榮倉奈々, 安田顕, 大谷亮平, 野々すみ花, 浅野和之
4,029円(12/12 07:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

逆に旦那が死んだふりをしたら、妻はどのような反応をするのかも見てみたい。。いやー、きっと、救急車呼ばれて大事になるだけなので、やめた方が良さそう。

 

 



育児
幸せの黒い猫をフォローする
育児とSNS雑感

コメント