幼児の頃から英語学習を始めると日本語が話せなくなる?

義母は、元教師で、会うたびに、「赤ちゃんの時から英語学習を始めると日本語も話せなくなるらしいわよ。」と言われます。

英語教育に関しては、マタニティーの時から否定派だったわけですが、まあ、一般家庭ならまだしも、そんな不正確なデマで否定されることがあるんだと思っていつも面食らっています。

あまりにも言われるので、DWEの前金も、私の親族側からもらったお祝い金の一部を使いました。

さて、気になるのは、赤ちゃんの時から英語学習を始めると日本語が本当に話せなくなるのか?ということだと思います。

スポンサーリンク

DWEの無料体験でも必ずと言っていいほど、この話題が出てきます。

無料体験と言う名のしつこめの営業でもこの話題があがってきます。

やはり、親世代から言われるようで、高額商品を購入することを止めるために言われだしたデマだと思っていましたが、本当に信じている人も多いようです。

前にも書いたと思うんですが、大人の脳と幼児の脳は別物です。

そして、一番の決定的な違いは、母国語の有無です。

例えば、大人になってから英語を学ぶと、日本語をベースにしています。アクセントも英語の意味も日本語で理解します。それに対して、幼児は母国語が存在しない状態ですので、日本語と英語を両方学ぶことで、それぞれの言葉で振り分けて理解をすることになります。

バイリンガルの子供は通訳ができない。

そして、この現象を表しているのが、バイリンガルの子供は通訳ができないということです。

通訳ができるのは、母国語が存在しているためであり、バイリンガルとして幼児教育をすると、母国語不在の状態で両方の言語を勉強しますので、日本語を知っている用語も英語では理解できていない場合があります。

言語回路が複数存在していることになり、英語と日本語の意味を結びつけることができません。

逆に言わせるとこのタイミングで学習させないといつ教えるんだ?

今現在、義務教育に英語が組み込まれていますが、ほとんどの英語教師はネイティブではありません。

下手をすると、私たちが学んだ高校の英語教師レベルの人が英語を教えることになります。

ここに2つの大きな問題が発生します。しかも、この問題はものすごく重大です。

一つは、もはや言語ではなく勉強の一科目だからです。学校教育で言語を学ぶということは、成績が存在することになります。成績の良し悪し次第では、英語に苦手意識が生まれ、英語教育を拒むようになります。

もう一つは、その言葉は英語ではない可能性があるからです。先生次第で、学力の良し悪しが決まると言いますが、その先生の英語レベルは、ネイティブとどの程度離れているかで、言語能力に大きな差が発生してしまいます。通用しない英語を受験科目であるから勉強するのでは、意味が全くありません。

そして、受験科目にスピーキングもある時代になるのに、それらの先生に教わったもので100点を取れるのかと言われたら、絶対に無理ですよね。

まとめ

幼児の時から英語を学ぶと日本語の習得が不自由になるというのは、大人が自分の脳を主体にして考えているからであり、幼児の脳とは一緒にしてはいけません。

ましてや、ここは日本ですので、日本語を話す環境はネイティブとして保証されています。

なぜ、日本語が話せなくなると言い切れるのか疑問で、そちらの方がとんでも知識であることに気づくはずなのですが、、、

たぶん、日本語の習得ができていない人の例としてあげられるのは、海外に小さな時期から住んでいる人のことです。日本語のアクセントがおかしい外国人タレントがいますが、子供の頃は、海外に長い間住んでいたという経歴がありますので、そりゃそうだよな。というレベルです。

これが、英語でも同じことが起こっていて、なんの英語を話す機会を与えないと、全然話せない、英語の習得ができないなんてことが起こると自分から言っていることに気づいて欲しい部分はあります。

 

 

 

コメント