男3人兄弟の長男が1人の娘のパパになる

育児とSNS雑感

幼児英語

ディズニーの英語システムでミッキー・マジックペン・セットも購入した理由

更新日:

ディズニーの英語システムを購入した理由はこちら

ディズニーの英語システムを購入する際に、オプションを勧められます。

なぜ、これが起こるかと言えば、営業マンの給与体制が完全歩合制だからということもありますが、実際内容をみていて、基本パッケージのミッキーパッケージだけでは、かなり物足りない感じでした。

何度も書きますが、目的は英語を習わせることではなくて、英語ネイティブになってもらうことのため、フォローされている語彙が1,000程度しかないミッキーパッケージだけではどうしようもありません。

基本パッケージだけで、60万円程度するわけですから、「うわーーーーー!!!!」と叫びたいのですが、残念ながら幼児英語は、ここより優れている教材が今のところありません。このブログをみている英語教室関係の運営者さんがいれば、是非幼児英語システムの開発をオススメしたいくらいです。

で、手をつけてしまったのが、このペンです。

 

 

 

ペンアッポー、ミッキーペン!

こと、ミッキー・マジック・ペンです。

当初はいらないと思っていたのですが、以下の理由で買いました。

ミッキー・マジック・ペンも購入した理由

1.金利が下がるから。

ワールドファミリーの分割払いは、なぜかリボ払いで、パッケージごとに設定されている金利が違います。

営業された時に、「うわー、阿漕だなー。」と心で思いつつも、金利の計算を行なっていました。

ミッキーパッケージはリボ払いの金利がなんと12%なのですが、ミッキー・マジック・ペンを購入すると、金利が9%になります。

繰り上げ納付も併用して考えていますが、この3%の差にお金を支払うのであれば、ミッキー・マジック・ペンを購入した方がマシだと思いました。

2.知育に良さそうだったから。

小さい時の体験が、その後の人生に影響するということは説明するまでもない有名な話です。

日本は、サービス大国であり、考えることが生きていく力に直結することは間違いありません。

動画を拝借して説明すると、ミッキーマジックペンは、付属の絵本の絵に当てると、訛りのない英語で話し出す仕組みです。

絵と言葉を対応させて、目と耳で覚えることができるので、知育にも良さそうでした。

玩具がミッキーパッケージとプレアロングにちょっと付いているのですが、これだけだと物足りなくなって、おそらく後から追加する必要性も出てくるだろうと感じました。

そのため、ミッキーマジックペンはあっても困らないと結論付けたわけなんですよね。

 

 





-幼児英語

Copyright© 育児とSNS雑感 , 2017 All Rights Reserved.