男3人兄弟の長男が1人の娘のパパになる

育児とSNS雑感

幼児英語

なんで、0歳から英語をやらせるの?

更新日:

友人と飲みに行くと、子供が生まれることを知ってか、この話題にいつもなります。

お前、なんで英語そんなにやらせたいの?

もっと後でいいじゃん!

と。

前にもこのことについて簡単に書いています。

今日は経験からも書きたいと思います。

英語は問答無用で必須。受験にも生きて行くためにも。

正直、習わせごとは私は好きではありませんでした。

水泳を習っていましたが、一番最初のコーチの監督不足で、溺れる。→水恐怖症に→お金がかかっている、泳がせたいという理由で、そのまま同じスクールに通わされる。

習字教室→ただお手本を写しているだけ→結局ペン字なので、筆を取らない。→上達した字も元に戻る。

結局身につきませんでしたし、これらの技術が必要なのか?と言われたら、おそらく必ずしも必要はありません。

 

今後日本人の人口が減ることで、内需には期待できなくなります。そのため、将来的には英語圏に出て仕事をする人の割合が増加するのは目に見えていますので、言語に関しては習得して損がありません。

受験にも必須ですし、英語を公用語にしている大学、企業が増加しています。絶対必要になる生きて行く力になります。

 

新生児のときから始める理由は?

理由は簡単です。物心ついた時に新しいことを教えても、それに興味をもつかわからないからです。

例えば、2歳だとすると、日本語も定着し、母国語として日本語を選択しています。

そして、いろんな情報を盛んに吸収しようと思っている時期です。

例えば、日曜日朝には、プリキュアがありますし、たまたま見かけたアンパンマンに夢中になるかもしれません。

この状態で、英語教材を預けたとしても、興味がそちらに行っており、習得している日本語で情報を一生懸命吸収しようとします。

結果的に、英語に興味をもつか持たないのかという最初の段階でギャンブルをすることになり、高価な教材を購入しても意味がなくなることになります。

年齢が高くなればなるほどこの傾向になることは間違いありません。

そして、生きて行くための力、言葉が、年齢が高くなればなるほど学習のカテゴリーに入ることになります。

私の年代の場合は、中学生から英語をスタートさせるわけですが、話せるような英語教育ではない上に、英語の教師が○○だとその時点で英語が苦手になります。(よく教師は、勉強ができないのは、子供のせいにします。残念ながら、教える方に問題があります。)

私も高校の時に、教わった教師が〇〇で、英語が苦手科目になってしまいました。話せるどころか、読むのも大変でした。

結局これは、英語に馴染む環境がなかったこと、英語を学問として捉えてしまったことが原因です。

 

マタニティーの頃から教材を整えて大丈夫なのか?

例えば、今回契約したディズニーの英語システムの場合、もし子供が障害をおっていたり、死産だった場合は、返金処理ができることは確認済みです。

また、ワールドワイドキッズの場合でも、届いていないステージがある場合は、その分をキャンセルすることができます。

この辺の情報はあらかじめ仕入れておいた方がいいでしょう。

 

日本語が話せなくなるのではないか?

英語教材の販売員のおばさんもこのことを説明していましたが、そんなことは説明されなくてもわかることでした。

ここは日本ですので、いやでも日本語を学びます。

そこは心配するところでは明らかにないと思います。

検索すると、英語の早期教育には賛否があるらしいのですが、否定派の人は、母国語の重要性を説いているらしいです。

その子の将来のためじゃなくて、愛国心の問題(?)なんですかね。正直、「なんだそれ?科学的じゃないじゃん。」というのが正直なところ。

上記の本の作者は、小さい時から複数の言語で教育することで、良質な脳に育つと説明しています。

この意見が信用できます。





-幼児英語

Copyright© 育児とSNS雑感 , 2017 All Rights Reserved.